梅 慧莉 / Eli Mei

  • オーディオルーム / Audio Room

    • シングルチャンネルビデオ、ステレオサウンド
    • Single Channel Video, Stereo Sound
    • 2016年

    軽音楽部の部室に入って音を出すまで。それが楽器を弾いているときよりも長く感じられてしまう。練習時間が楽しければ楽しいほど準備時間が惜しくなるものです。 準備の時間を短くしようとも、やらなければならないことは沢山あります。ゆっくりと感じられる時間、早く過ぎ去ってしまう時間。そんなことを頭に入れつつ見て頂けたらと思います。

  • 相信我 / It’s Under Control

    • シングルチャンネルビデオ、ステレオサウンド
    • Single Channel Video, Stereo Sound
    • 2016年

    まるで、ただ過ぎ去ってゆく日々を何もしないで眺めていることしかできないような気持になる時があります。そうであっても、その場を生き抜いていくための言葉がきっとあります。言い聞かせるようにそれを発して、自らを奮い立たせているのかもしれません。

  • 明日を予約しよう / Booking Tomorrow

    • シングルチャンネルビデオ、ステレオサウンド
    • Single Channel Video, Stereo Sound
    • 2016年

    夕方の日が沈んでいく時間帯。車のライトが徐々に点いていく時間帯に、目の前の見慣れた景色はどんな光り方をし、どんな音を奏でているのだろう。 虫の声や人間の声や車の音、それぞれはその時間帯に一体何を主張しているのだろう。『音』に着目して自分なりに『明日への架け橋になる時間』を切り取ってみました。

古川 姫美子 / Himiko Furukawa

  • 好奇心 / curiosity

    • シングルチャンネルビデオ、ステレオサウンド
    • Single Channel Video, Stereo Sound
    • 2016年

    私たちが日常何気なくしている行動に焦点を当てます。「見る」ということは私たちの生活には欠かせない行動ですが普段意識することは少ないと思います。目線を変えたり見方を変えたりすることで感じられる新たな感覚を体験してもらいたいという気持ちを込めました。映像では私達の生活の中に日常的に存在するものに注目し、それを見続けることで何が見えてくるのかを考えてもらいたいです。

  • O you possessed of study intellect, observe the teaching that is hidden here

    • シングルチャンネルビデオ、ステレオサウンド
    • Single Channel Video, Stereo Sound
    • 2016年

    この作品のコンセプトは私の好きな言葉です。その言葉とはダンテの「O you possessed of studyintellect, observe the teaching that is hidden here 」、日本語訳は「おお、健やかなる英知を持つ者よ、あいまいな詩句の覆いの下に隠された教えを見抜け」です。この言葉は私が大学での学びのテーマとしているものです。この作品では、大学生になった今勉強する中で時折このダンテの言葉を思い出して自分なりにこの言葉の意味を解釈し行動する自分を表現しようとしました。

  • 人 / human

    • シングルチャンネルビデオ、ステレオサウンド
    • Single Channel Video, Stereo Sound
    • 2016年

    この作品は「“人”の存在を“人”を映さないで表現するにはどうしたらいいか」と考えたところから始まったものです。人の姿や声を映さないで如何にそこに人が存在していたことを伝えるかということを考えて映像を撮っていました。人が居た痕跡を寄せ集めたものからその痕跡を残した人に会ったことがなくても、その人がどんな人か、どこにいてどんなことをしていたのか、ということが少しずつ見えてくるかもしれません。

若杉 麻美 / Mami Wakasugi

  • 大疾走 / Dash!

    • シングルチャンネルビデオ、ステレオサウンド
    • Single Channel Video, Stereo Sound
    • 2016年

    小さな生き物になったつもりで、いつも見慣れている大学敷地内を疾走してみました。

  • 納涼花火大会 / Summer evening fireworks

    • シングルチャンネルビデオ、ステレオサウンド
    • Single Channel Video, Stereo Sound
    • 2016年

    夏の終わりを告げる花火大会。この映像はそのひと時の記憶を切り取り、再構成したものです。

  • 日がな一日 / One day

    • シングルチャンネルビデオ、ステレオサウンド
    • Single Channel Video, Stereo Sound
    • 2016年

    だらだら過ごして時間を無駄にしがちな夏休みでも、やるべきことはたくさんある。それらはすべて私の意志にゆだねられていると理解しているが、何もしたくないのだから仕方ない。今日も布団から起き上がれず、外の世界に思いを馳せる。危機感のない焦りだけが静かに降り積もっていくのだ。

長友 里実 / Satomi Nagatomo

  • 玉村 / tamamura

    • シングルチャンネルビデオ、ステレオサウンド
    • Single Channel Video, Stereo Sound
    • 2016年

    東京から群馬の大学に通っていると、「大学はどこにあるの?」「群馬。」「群馬のどこ?」「玉村。」「玉村ってどんなところ?」「んー…」という会話が必ずあります。一般的に言う‘田舎’である一方で、見渡す限りの田畑や川音しか聞こえないような、思い描きやすい田舎とはまた異なります。二年間住んだ群馬・玉村がどのような場所なのか、それを伝えるためにこの作品を作りました。

  • 2016 年9月4日 / 2016.09.04

    • シングルチャンネルビデオ、ステレオサウンド
    • Single Channel Video, Stereo Sound
    • 2016年

    誰もが、「大事な瞬間・大好きな時間」を日常の中に持っているはずです。ご飯を食べるとき、好きな映画を見る時間、友達とのたわいない会話、休みに行く旅行、家族との日常。普段、日々を‘いつも通り・予定通り’に過ごすことに全力をかけている私にとっての「大事な瞬間・大好きな時間」を記録しました。

  • Vision

    • シングルチャンネルビデオ、ステレオサウンド
    • Single Channel Video, Stereo Sound
    • 2016年

    恩田陸 著。「不安な童話」より。小説の一説から思い描いたワンシーンです。小説のこのシーンは、切羽詰まったような、おそろしい光景のような描き方になっています。しかし、本当に目の前にそんな人がいたら、こんなことが起こっていたら、すごく美しいのだろうと思うのです。しかし、美しいからこそ、垣間見えるものもあるんだと思いました。

町田 知春 / Chiharu Machida

  • めまぐるしい日々 / hectic days

    • シングルチャンネルビデオ、ステレオサウンド
    • Single Channel Video, Stereo Sound
    • 2016年

    大学生活がこんなにも目新しいことだらけだなんて、高校生までの私には想像も出来なかった。18 年住んでいた故郷を離れて、講義、サークル、アルバイトに明け暮れて…今までしたことのないものばかりで、やることもやりたいことも沢山ある。けれど、ふとした時に虚無感に襲われる。心にぽっかりと穴が開いたような感覚をしばしば味わう。この感覚はこの目まぐるしい日々とのギャップなのだろうか。私の送っている毎日とはどんな日々であろうか。

  • 見つめ直す / to reconsider

    • シングルチャンネルビデオ、ステレオサウンド
    • Single Channel Video, Stereo Sound
    • 2016年

    環境が変わっても、ものを見る目や価値観が変わっても、自分を構成するポリシーのような、根本的な部分は変えたくない。些細なことを幸せだと感じられる人間でいたいと常に思う。道端に咲いていた花が昨日より大きく綺麗に花開いていたとか、遅刻しそうと思って家を出ると、夕焼けがとても鮮やかだったとか、そういう気付きを忘れたくない。

  • 左利き / left handed

    • シングルチャンネルビデオ、ステレオサウンド
    • Single Channel Video, Stereo Sound
    • 2016年

    「へえ、左利きなんだ。」私が、耳にタコができるほどよく言われる言葉である。いい意味か悪い意味かなんてない。けれども、こう言われるのは右利き社会の日本にいることが起因している。少数派とのけられている感覚もするし、逆に、私の個性とも言える。ポジティブとネガティブの二面性を併せ持つこの特性は、私の中で重要な意味をなしている。

平内 文乃 / Ayana Hiranai

  • あしくび / ankle

    • 2 チャンネルビデオ、サイレント
    • Two channel video, Silent
    • 2016年

  • 夏の終わり / End of summer

    • シングルチャンネルビデオ、ステレオサウンド
    • Single Channel Video, Stereo Sound
    • 2016年

  • 長く短い祭り / Long and short festival

    • シングルチャンネルビデオ、ステレオサウンド
    • Single Channel Video, Stereo Sound
    • 2016年

新井 涼音 / Suzune Arai

  • 左へ受け流す / Parry to the left

    • 2 チャンネルビデオ、サイレント
    • Two channel video, Silent
    • 2016年

    私たちは日々の生活の中で様々な乗り物に乗ります。この作品では、その中でも私にとって最も身近な乗り物である、自動車に焦点を当てました。普段の運転している時とは違う、ハンドルからの低く動きのある視点は新鮮でした。

  • モーニングタスク / morning task

    • シングルチャンネルビデオ、ステレオサウンド
    • Single Channel Video, Stereo Sound
    • 2016年

    朝起きてから家を出るまでに行う、毎日繰り返し変わらないこと。特別珍しいことをしているわけではない、ただの一人の人間の普通の日常です。

  • 明日は何を食べようか / What will I eat tomorrow?

    • シングルチャンネルビデオ、ステレオサウンド
    • Single Channel Video, Stereo Sound
    • 2016年

    私は食べることがとても好きです。「食べる」という行為は、私を幸せで満たされた気持ちにしてくれると同時に、私が明日も生きていくために必要不可欠です。一人で食べるのも美味しいけれどみんなで食べたらもっと美味しい。