国際コミュニケーション学部

英語コミュニケーション課程【 Department of English Communication 】

教員一覧(梅田 真理)2021年4月1日時点

氏名 梅田真理 UMEDA Mari
所属 国際コミュニケーション学部
英語コミュニケーション課程
准教授
専門等
専門分野 言語学、第二言語習得
担当科目 言語習得入門、日本語の習得、言語習得論ゼミナール、英語のしくみ、Grammar、Reading、Listening
研究課題 第二言語習得理論、第一言語・第二言語における文理解
所属学会 日本第二言語習得学会、言語科学会
略歴等
2000年3月 北九州市立大学外国語学部第一部英語専攻卒業
2001年12月 University of Durham(イギリス)言語学部 修士課程修了
2008年5月 McGill University(カナダ)言語学部 博士課程修了
学位 2001年12月 言語学修士 (University of Durham)
2008年5月 言語学博士 (McGill University)
主な職歴 2008年4月 九州工業大学 非常勤講師
2008年4月 九州産業大学 非常勤講師
2009年4月 福岡大学 非常勤講師
20013年4月 群馬県立女子大学 講師
2017年4月 群馬県立女子大学 准教授
学会活動 2014年4月 日本第二言語習得学会 運営委員
2015年4月 日本第二言語習得学会 学会誌『Second Language』編集委員会委員
2017年10月 日本第二言語習得学会 学会誌『Second Language』編集委員会委員長
主要研究業績等
論文 共著 The long term effect of explicit instruction on learners' knowledge on English articles Language Teaching Research 23(2), 179-199. 2019年
単著 第二言語習得における形態素の習得ーWh-in-situ疑問文の習得からの考察ー 白畑知彦・須田孝司 編『第二言語習得研究モノグラフシリーズ2ー語彙・形態素習得への新展開』くろしお出版 2018年
共著 Addressing fluctuation in article choice by Japanese learners of L2 English through explicit instruction Instructed Second Language Acquisition 2(2), 164-188. 2018年
共著 Acquiring antecedents for reflexives when both L1 and L2 permit long-distance binding Journal of European Second Language Association 1(1), 38-48. 2017年
共著 Past Tense Morphology in Chinese-Japanese Interlangauge: Evidence for Prosodic Transfer Second Language 10, 51-77. 2011年
単著 Second Language Acquisition of Japanese Wh-constructions Ph.D. dissertation, McGill University, Montreal, PQ 2008年
単著 Wh-scope marking in English-Japanese interlanguage Proceedings of Generative Approaches to Language Acquisition North America 2 2007年
単著 Wh-movement in L2 grammars: Evidence for parameter resetting Proceedings of Generative Approaches to Language Acquisition North America 1 2006年
単著 Wh-movement in Japanese-English Interlanguage: Evidence from Scope and Reconstruction Proceedings of the 29th annual Boston University Conference on Language Development 2005年
上